道具の使い方・技術

レザークラフトにおける【バネホックの付け方&コツ】3ステップで簡単

タイトル バネホックの取り付け方

お財布などで「パチッ」と留めることができる、バネホック金具の付け方やコツをご紹介します。

3ステップでとっても簡単です!

 

こんな方におすすめの記事です

  • バネホックの付け方が知りたい
  • 打ち具とハトメのサイズ対応表が見たい
  • 付ける時に失敗しないコツを知りたい

 

うさぎ三世
バネホックは良く使うから、しっかり覚えよう♪

バネホックを付ける 必要な道具一式

バネホック取り付けは、以下の道具を使用します。

バネホックに使う道具

バネホック取り付けに必要な道具

 

バネホックは4つの金具で1セットです。

バネホック金具の種類

  • アタマ
  • バネ
  • ゲンコ
  • ホソ

 

バネホック金具名称

 

 

うさぎ三世
バネとアタマ、ホソとゲンコがそれぞれ対になるんだね!

バネホック打ち具とハトメ抜き対応表

バネホックのサイズによって必要な道具のサイズも変わります。

サイズごとの対応表は以下の通りです。

レザークラフト技法辞典 クラフト学園虎の巻 P.144より抜粋して引用

適合表

金具種類推奨バネホック打推奨ハトメ抜き
ホック 小(10mm)ホック打(中)8号&15号
ホック 中(12mm)ホック打(中)8号&15号
ホック 大(13mm)ホック打(大)10号&18号

 

 

今回は「ホック 小」金具を取り付けます。

【使う道具】

  1. 【ホック打(中)】
  2. 【ハトメ抜き 8号と15号】

 


ハトメ抜きを2つ使う理由

バネとホソで、穴に差し込前れる部分のサイズが違うからです。

写真で比べてみましょう。バネとホソ、両方の中心にある円柱部に注目してください。

ホソの方が穴が大きい

バネの方が円柱が太くなっていますね。ここを穴に通すので、ハトメは大きめの15号で開けます。

ホソは少し円柱部が細くなっているので、ハトメは8号がちょうど良い、といった具合です。
※ホック小を取り付ける時のサイズ

 

両方同じサイズでも付かないことはないのですが、見栄えや耐久に影響します。

ココに注意

穴が同じサイズだと、曲がって付いたり、すぐ外れる原因になる!

 

うさぎ三世
ハトメ抜きは2つのサイズを用意しよう!

 

ちなみに、カシメ金具を取り付ける場合は2つの穴は同じサイズで開けます。

カシメのアタマとホソは、穴に差し込む部分のサイズがほぼ同じだからです。

関連記事


バネホックの付け方 3ステップ

それでは、バネホックを付けていきましょう。

 

step
1
革に穴を開ける

8号と15号のハトメ抜きで穴を開けます。

バネホック 対になるセット

片側ずつ付け方をご紹介します。

バネホック取り付けの流れ

  • 15号の穴 ⇒ アタマ + バネをつける
  •  8号の穴 ⇒ ゲンコ + ホソをつける
うさぎ三世
付ける順番はどっちでも大丈夫!今回はアタマとバネを最初に付けていくよ!

step
2
アタマとバネを取り付ける

まずは、バネを打ち棒(オス)にセットします。

バネを打ち棒にセットする

 

先端の出っ張りにバネを取り付けます。「パチッ」とはまればOKです。

バネ 打ち棒にセット後

 

ココがポイント

打ち棒と金具のメーカーによって、はめやすさに違い有り。

少し固かったり緩かったりしますが「ホック 小サイズ」なら、はめられる。

 

続いて、アタマを打ち台の窪みにピッタリ合う場所にセットしましょう。

打ち台にアタマをセット

 

打ち台にセットしたアタマに、革に開けた穴(15号)を通しましょう

アタマに革を通し、バネをセットする

この時、革は裏面が上になってが、次のような理由があります。

ココに注意

アタマは見栄えが良いので、基本的に革の銀面に付けたい金具となる。

バネホックを付ける前に、革の裏表には充分注意すること!

 

バネを取り付けた打ち棒を、アタマの先端にある穴にセットし、「コンコンコン」と打ち込みます。

バネをバネホック打ち棒で打つ

 

ココがポイント

打ち棒を垂直に立て、ハンマーでまっすぐ打つ

コンコンコンと小刻みに軽く打った方がまっすぐ入りやすい

 

ココに注意

強く打ちすぎると、バネが凹んだり、アタマに打ち棒の先端がめり込み見栄えが悪くなる

打ち過ぎてバネが凹むと、パチンッとうまく留まらなくなってしまうので注意が必要!

 

うさぎ三世
強度が弱くなるし、見た目も悪くなるから注意だよ!

 

はまったら、バネから打ち棒を取り外します。

バネとアタマを手で回してみて動かなければOK!しっかりはまっています。

バネ取り付け完了

step
3
ゲンコとホソを取り付ける

まずは、ホソを打ち台にセットします。ホソの場合、打ち台は平らな面を使用します。

ホソを平らな打ち台にセット
うさぎ三世
ホソは底面が平だから、平面で打った方が綺麗につくよ!

 

ホソに、さきほど革にあけた8号の穴を通していきます。

ホソに革を通す

 

次に、ホソの先端にゲンコをかぶせましょう。

ホソにゲンコをセット

 

打ち棒(メス)の先端の凹みに、ゲンコの出っ張っている部分をかぶせてセット。

ゲンコに打ち棒をセットする

 

打ち棒を「コンコンコン」と打っていきます。

ゲンコを打ち棒で打つ

ココがポイント

バネを打つ時と比べ、打ち過ぎによる弊害は出にくいが、適度な力を心掛け、しっかり取り付ける

 

ゲンコが付いたら、手で回してみるなどして動かなければOKです。

これで取り付け完了です!

取り付け完了(裏側)
取り付け完了(表側)
バネホック取り付け完了後

 

うさぎ三世
「パチンッ」とうまく留まればOK!

ホックがうまく留まらない原因

うまく留まらない場合、バネを打ち過ぎて潰れている可能性が高いです。

そうなると取り付け直すしかありません。

うさぎ三世
無理に凹みを直そうとしても、見栄えも悪くなるしあんまりうまくいかない・・・

 

取り外す時は、革に傷をつけたり、無理に引っ張って伸ばしてしまわないように注意しましょう。

「喰い切り」という工具を使うと、綺麗にバネとアタマを外せます。


【まとめ】バネホックの付け方とコツ

バネホックは、以下の3点に注意すれば上手に取り付けることができます!

バネホック取り付けのコツ

  • サイズの合った道具を使う
  • まっすぐ、小刻みに打つ
  • 力加減に気を付ける
  • 革の裏表に気を付ける(アタマが銀面)

 

道具のサイズが違うと・・・?

サイズ違いで起こる弊害

  • うまくはまらない
  • ぐらつく
  • 最悪すぐに取れる

 

うさぎ三世
道具のサイズもしっかりチェックだね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

-道具の使い方・技術
-, ,