ちょっと一息(子育て日記)

3歳の子が約束を楽しく守れるように|ポイントは『約束の見える化』

3歳の子供と約束したことを紙に書いた紙

私には3歳と半年くらいの息子がいるのですが、その息子が、あることを切っ掛けに『突然約束が守れるように』なりました。

※この記事は2021年に執筆

 

その切っ掛けとは『約束の見える化』でした。

上の写真の絵が『約束の見える化』の正体なのですが、詳細は後ほど。

 

なぜ、この絵を描くことになったのか、その背景も含めてご紹介します。

うさぎ三世
内容はアットホーム仕立て♪

 

子育てで苦労されている方に、何かの参考になれば幸いです。


筋書:子供が約束を守れるように

まずは、子供が約束を守れるようになるまでの経緯を簡単にご紹介します。

経緯

  • オモチャをねだられる
  • 約束守れるなら買う⇒合意
  • 約束の見える化を実行する
  • 約束を楽しく守れるように!

 

子供が「おもちゃ欲しい!」って言った時、買ってあげるかべきどうか、迷うことありますよね。

私の場合、こんな時は買わないパターンです。

買わないパターン

  • 値段が高すぎる
  • 面白くなさそう
  • 脳トレにならなそう

 

ただ今回は、約束を守るなら買ってあげるということにしたのですが、『約束を見える化』したら、子供が進んで楽しく約束を守るようになりました!そんなお話です。


発端:おもちゃを買い過ぎて

子供が欲しいって言ったものは出来るだけ買ってあげたい!

買いすぎも良くないと思いつつ、そういう気持ちを持っていました。

 

なぜなら、私は貧乏な家庭に育ったので、欲しい!と言ったおもちゃを買ってもらった記憶があまり無かったからです。

友達が持ってるおもちゃが羨ましくても、我慢してたのを思い出します。

うさぎ三世
デジモンとか、ハイパーヨーヨーとかね。(なつかしい)

 

そんな背景もあって、同じ不便はさせたくないと思っていたんですね。


ガチャガチャは週1ペース

ガチャガチャは頻繁にやらせて上げていました。

スーパーに買い物に行く時とか目ざとく見つけて「ほしいー!」となるんですよね(汗)

欲しいって言われると・・・弱い!!(>_<;)

流石に不要なものは諦めてもらってましたが、大人から見ても楽しそうなモノってあるんですよね(笑)

 

そんなこんなで、ガチャガチャでゲットしたおもちゃが増え、他のおもちゃも相まって、収納ボックスに詰めたおもちゃがいっぱいいっぱいに・・・。

さすがにちょっと買い過ぎかな~・・・と、反省。

買ってもすぐ遊ばなくなるオモチャとかも多々あったので、しばらく買うのは控えようと決断。


子供と約束してみる

あらかじめ子供とも約束しておく、ということにしました。

「このおもちゃは買うから、あとは3か月後の誕生日まで我慢ね!」

「お金も無限にあるわけじゃないからね!」

「ガチャガチャも高いんだよ!300円だからね!」

「コンビニでアンパンマングミ6個買えるんだからね!」(←ちょっと必死)

 

3歳息子

わかった!だいじょうぶっ!

なかなか良いお返事でしたが、いつも『明日には忘れてる』ので、油断はできません(笑)

 

さて、その1週間後・・・。

 

3歳息子

これがほしぃ~~~!!!(号泣)


3日間、毎日欲しいと泣く

今までも、オモチャが欲しいとグズることは何度かありました。

私の買わないパターンのオモチャだったら、説得して諦めてもらいます。

その時は泣いたりしますが、次の日には忘れているということは、これまで何度もありました

 

しかし、この前買い物に行ったときに見つけたオモチャが、ほんと~~~に欲しかったらしく、3日間ずっとそのおぼちゃが欲しい欲しいと言うのです。

寝る前に言って、起きてからまた言います(笑)。

こんなにずっと欲しいと言い続けるオモチャは、初めてでした。

 

ちなみに、その欲しいオモチャがこちら。

「チキチキ大変身!ロボに!れっしゃに!3つにチェンジ!バイキンUFO DX」

チキチキバイキンマンのパッケージ箱

ご存じ、バイキンマン様です。

 

正直もうすぐ4歳になるのに、そろそろアンパンマンは卒業でしょうって感じで。

どうせすぐ遊ばなくなるし、いらないなってくらいしか思っていませんでした。

今までも、アンパンマンのおもちゃを欲しいっていうことは何度もありましたし、いつも通りすぐ諦めるかなと思ってたんですけども・・・(汗)。

バイキンマン様は全然諦めてくれない!!

 

実際に遊ぶと楽しかったバイキンマン様。以下の記事で楽しみ方をご紹介してます。

関連記事

チキチキバイキンマンの楽しみ方|変幻自在で10種類以上のポーズが可能!


根負け・・・でも条件付き!

こんなに欲しいって思うものに出会えたなら買ってあげようかな?

親子で交わした約束は、1週間でダメになりそうな状況でした(笑)

 

でも、ただ買って上げるのでは、さすがに教育の観点でも良くないかなと。

考えた末、月並みな思いつきですが、約束ごとを作ることにしました。

 

ウチの子は、1人で手を洗ったり、トイレに行くことができませんでした。

さみしいのと、怖いのとあるのでしょう。毎回必ずついて来て欲しいと言われます。

ついて行かないと絶対に大泣きするので、少し困っておりました。

 

「おもちゃを買ってあげる代わりに約束をしよう」

「守れるなら買ってあげる」

 

3歳息子

やくそくってどんな?

 

「1人で手を洗いに行けるようになること」

「1人でトイレに行けるようになること」

「お味噌汁を残さないこと(良く残す)」

「ママがごはん作ってるときにテレビでYouTubeみたいって言わないこと」
 ※ipadなら自分で操作できるけどテレビはできないから

「おもちゃを出したら片づけること」

「全部で5個だよ、できる?」

 

3歳息子

うん、できる!

 

「がんばれる?」

 

3歳息子

うん、がんばる!

 

(返事はいいな、うん。笑)


『約束の見える化』絵で描いてみた

約束ゴトを調子に乗って5個も作ってしまったので、さすがに覚えきれないだろうと思い、紙に描くことにしました。

(正直自分も忘れそうですし・・・)

今となってみればこれが本当に良かったです。

 

子供がまだ字の読み書きができないので、約束は絵で描きました

言った言わないにならないように、簡易的な契約書のようなものです(笑)

 

そして、こちらが実際に描いたものです。

3歳の子供と約束したことを紙に書いた紙

約束の内容

  • ①1人でトイレに行く
  • ②1人で手を洗いに行く
  • ③お味噌汁を残さない
  • ④ごはん作ってる最中はテレビでYouTube見たくてもipadで我慢する
  • ⑤おもちゃを出したら片づける

 

 

ペンを持った子供の手を握って、私と子供の2人でざざっと描きました。

ちょっと絵が雑っぽい上に、ガムテープで生活感出ていて済みません(笑)

 

描き終わったら、この絵がなんの絵かわかるかと子供に確認

 

「よしよし!全部意味わかるね。」

「じゃあこれを壁に貼っておくから、約束忘れたら見て思い出してね。」

「出来なかったらバイキンマンはサヨナラだけど、大丈夫だね?」

 

3歳息子

うん!だいじょぶだいじょうぶぅ!やくそくまもるから~♪
(買ってもらえるからとっても嬉しそう)

 

約束も済んだので、Amazonでポチポチ。

(余談ですが、Amazonで買ったら4割引きくらいで買えた!らっきー!)

 

息子は今すぐに欲しかったようですが、来るまでに1日かかる。。。

「く、くるまでに本当に約束を守れるかテストだよっ・・・!」

とか言ってなんとか1日引っ張りました(笑)


約束が見えるようになった効果

息子はというと、その日から本当に約束を守りだしました。

今までは、1人で行くのを絶対にイヤだと言っていたトイレも手洗いもバッチリ

でも、約束したその日から進んで自分で行くようになりました。

しかも行く前に、壁に貼った約束ゴトをニヤニヤ確認しています(笑)

 

3歳息子

ぱぱぁ~!やくそくかくにんしたよ!

 

って報告まで入れてくれる息子。

すごいっ!!(←親バカ)

 

最初のうちは、約束守れたら「出来たシール」を貼ってあげました

写真にも写っていますが、丸いシールのヤツです。

 

このシールで息子のやる気がまた倍増したようで、あれから1ヵ月。

一度もお味噌汁を残さないし、トイレも一人で行けるし、何も言わなくてもオモチャのお片付けをしてくれるんです!

 

今まではどんなに教えてもできなかったのに!バイキンマン様のお力すごいっ!!(拝)

こちら、実際に買ったバイキンマン様です。

※床に置いて撮影したんですが、なぜかちょっと浮いて見えます(笑)

チキチキバイキンマン3


子供が約束守る|親子でハッピー!

欲しいものを手に入れるためにした約束だから出来た、という訳ではなさそうです。

これまでも、何かを買う時にはちょっとした約束をしてたこともあるんですが、効果なしだったので・・・。

 

約束ゴトを見える化しただけで、ここまで効果があるとは思いませんでした。

一緒に描いたことで、子供が自分で描いたんだって思えたのも良かったのかもしれません。

とにかくこれで、みんなハッピーになりました!

 

両親 : 息子が成長してくれてとても嬉しい。

息子 : 欲しいおもちゃが手に入って嬉しい。

 

親子でWIN・WINの関係!(笑)

約束を継続して守れていることも、息子自身が嬉しいみたいです。

 

子供がおもちゃ欲しいと言ったら成長のチャンスかもしれません。

『約束の見える化』の効果が気になる人は、ぜひ試してみてくださいね!

 



レザークラフト関連

革のストラップ|子供のカバンのファスナーストラップやネームタグとして使えます!

カップホルダーを作って、家族でカフェを楽しもう♪(*´▽`*)

スポンサーリンク

-ちょっと一息(子育て日記)
-, ,