始め方・基礎知識

【レザークラフトの道具 32選】初期費用9,300円で充分!

レザークラフトに最低限必要な道具一式(ひし目打ち、ヘリ落としなど)

レザークラフトの道具って、実は意外と安くそろいます

必要最低限の道具だけなら、なんと1万円でお釣りがきます

こんな方におすすめの記事です

  • 必要最低限の道具を知りたい
  • 各道具の値段を一覧で見たい
  • 道具を買う方法を知りたい
  • あった方が良い道具も知りたい


「必要な道具」と「あった方が良い道具」

それぞれリストで確認していただけます。

 

うさぎ三世
値段もわかるリストになってるよ♪

 

関連記事

本記事の【必要最低限の道具】で作れる|「カフェカップホルダー」

 

レザクラ道具 初期費用は1万円以下でOK

レザークラフトを始める段階でチェックしておきたい道具は、全部で32種類です。

紹介する道具

  • 必要最低限の道具 21種類
  • あったほうが良い道具 11種類

道具それぞれの参考価格をリストにしました。

 

値段について

2021年10月時点での値段。

100円ショップ、Amazon、楽天で揃えた場合の参考価格。

値段に100円と記載があるモノは、100円ショップで買える。


 

必要最低限の道具 21種

以下の道具があれば、大体なんでも作ることができます

合計金額 = 9,300円

道具名使い道値段備考
カッター革を切る100円出来れば革包丁、「別たち」でも可
カッター板カッターの下敷き100円 
じょうぎ
(金物)
革をまっすぐ切る100円

革が傷つかないように
出来れば角の丸まったモノが良い

厚紙型紙用100円 

ひしめ打ち
(mm巾はお好みで)

革に縫い穴をあける1,500円1本Ver、2本Ver、4本Verがあると良い
ゴム板主にひしめ打ちの下敷き700円レザークラフト用の固いゴム板
ゴムハンマー型紙用100円本格派は木づち
縫い針
(レザークラフト用)
革を縫う500円普通の針だと尖りすぎて革が傷つく
ロウ引き糸縫い糸500円麻糸+ロウでも良いが、ロウ引き糸は楽
糸切ばさみ糸切り用100円 
キリひしめ打ち失敗時の穴開け+マーカー等100円丸ギリ、菱ギリの両方があると尚良い
ヘリ落とし革の角をとる1,000円多種類のサイズがあると尚良い
やすりコバ(革の断面)磨き前の下地処理100円サンドステック、ドレッサーなど
スリッカーコバ、トコ面(革の裏地)磨き用700円丸く平らなスリッカー1つでも十分可
トコノールコバ、トコ面磨きの仕上げ剤600円トコフィニッシュでも可
接着剤(G17ボンドも可)革と革の接着用100円ゴムのりだと尚良し
両面テープ革と革の仮止め用
(2枚重ねて穴開け時など)
100円

2mm幅など、細いのがオススメ

ハトメ抜き(穴開けポンチ)革に丸い穴をあける100円バネホック「小」に対応:8号・15号
カシメ打ちカシメ金具の打ち付け300円小物には極小・小サイズがオススメ
バネホック打ちパチッと止める金具の取り付け1,000円小物には小・中がオススメ
メタルプレートホック打ちの下敷き1,400円

オールマイティープレートだと全サイズに対応可

※以下の道具は、サイズが多種あり、モノによって値段が異なります。
 縫い針、ハトメ抜き、バネホック打ち、カシメ打ち

 

ひとつひとつ揃えるのが大変だという方には、レザークラフト初心者用セットというのもあります。

 

但し、初心者セットは次のモノが入っていません

セットに含まれないモノ

  • 金物じょうぎ
  • 厚紙
  • ゴム板
  • 糸切ばさみ
  • ヘリ落とし
  • 接着剤
  • 両面テープ

これらは別途そろえておくと良いでしょう。


あった方が良い道具 11選

あると便利で、作品が綺麗に作れるようになるために必要な道具リストです。

合計金額 = 17,300円

道具名使い道 参考価格備考
ステッチンググルーバー縫う位置のマーカー+糸と革の一体感を生む1,400円 
デザインナイフ革を繊細に切り取る800円 
ビニール板
(ビニプライ)
革を裁断する時の下敷き2,800円包丁の刃こぼれを緩和
ハトメリング打ちハトメ(金属でふち取った穴)の取り付け1,000円 
ジャンパーホック打ちバネホックより強力に止まる金具の取り付け1,000円 
コルクシートキリなどで穴をあける時の下敷き700円厚みがあると使いやすくて良い
100円ショップにもあるが薄い
ガラス板トコ面磨きに効果大(固く、重く、すべる)1,500円 
クリップ革を複数枚はさんで仮止めする100円革を複数枚はさめて、傷がつかないもの
レーシングポニー革を縫う時に使用4000円あると縫う作業が楽に!
ローラー圧着、折り目入れ、縫い糸をなじませる1000円

作品のクオリティUPに

フチ捻(玉捻)

コバに沿ってラインを入れる。
作品が引き締まる。

3000円

作品のクオリティUPに
好みですが、2mmがオススメ


道具が買える場所・方法

道具が買えるのは、主に以下の5つです。

道具が買える場所

  • 100円ショップ
  • レザークラフト専門のECサイト
  • 総合ECサイト(Amazon、楽天など)
  • 手芸店(ユザワヤなど)
  • 革問屋(店舗型)
うさぎ三世
手芸店や革問屋が近くになくても、ネットで大体なんでも揃えることができるよ♪

道具を安く揃えたい

100円ショップ、総合ECサイトがオススメ!

ハンマー、やすり、キリなど、100円でショップで買えるものは多々あります

例:木づちは2000円近くするモノもありますが、100円のゴムハンマーで代用可能です。

 

しかし、さすがに100円ショップで全ての道具は揃いません。

100円ショップに無い道具は、ネットショップなどで補填しましょう。

これが、一番安く道具を揃える方法です。

 

うさぎ三世
この条件なら、9,300円で揃えられる♪

 

大手ECサイトのAmazon、楽天などでも、上記メーカーの商品は取り扱いがあります。

ただし、安いだけの道具もありますので、レビューは良く見て買いましょう。

 

ページ上部 【必要最低限の道具リスト】へ


しっかりした道具を買いたい

レザークラフト専門ECサイト、手芸店、革細工専門店がオススメ!

 

道具は、出来れば手に取って確認しながら選びたいものですよね。

しかし、手芸店や革細工専門店といったお店は非常に少ないです。

もし近くにあるならラッキーです!

(私の近所だと、イオンモールの手芸店にもいくつか道具が置いてありました。)

 

お店が近くなければ、レザークラフト専門ECサイトを利用しましょう。

必要なモノ

  • レザークラフト・ドット・ジェーピー
  • レザーマニア
  • レザークラフト Phoenix(フェニックス) など

レザクラ道具 有名メーカー

レザークラフトに関連する商品を扱っている、有名メーカーの名前です。

大手ECサイトでも取り扱っているので、覚えておくと安心です。

レザークラフトの道具メーカー

  • クラフト社
  • 誠和 (SEIWA)
  • 協進エル

但し、「必要最低限の道具」を全てメーカー品で揃えると、それなりに高くなります。
(※1万5千円くらいになると予想されます)


レザクラの道具【まとめ】

100ショップ、Amazonなどを活用すれば、以下の金額で道具を揃えることができます!

必要最低限の道具 21種9,300円
あったほうが良い道具 11種17,300円
合計26,600円

 

うさぎ三世
でもさ、安い道具ってちゃんと使えるの?

 

気になるところですよね。

確かに多少使いづらいという点はありますが、大概のモノは安くてもちゃんと使えます

ですが、機能性、耐久性は、通常の道具より劣ることが多いと覚えておきましょう。

 

中でも、ひし目打ちは出来れば少し良いモノを選びたいところです。

その理由については、下記の記事で確認していただけます。

関連記事

激安と中級の品のひし目打ちを比較。性能の違いで作品に出る影響とは?

 

うさぎ三世
道具をそろえたら、次は革を見てみよう!

 

 

 

スポンサーリンク

-始め方・基礎知識
-, ,