道具の使い方・技術

捻引きで作品を引き締める|ライターを使った【フチ捻】の使い方

捻引きのやり方(アイキャッチ)

フチ捻(ふちねん)で捻引きを施すと、作品がグッと引き締まって見えるようになります。

使い方をマスターして、綺麗な作品づくりに活かしましょう!

 

うさぎ三世
捻引きは簡単にできるよ!

 

本記事では、ターボライターを使用したフチ捻の使い方をご紹介します。


捻引きに使用する道具(ライター版)

捻引きには、以下の道具を使います。

フチ捻 用意する道具(フチ捻・ガラス板・ターボライター・スポンジ))

捻引きの道具

  • フチ捻
  • ガラス板
  • ターボライター
  • スポンジ

 

※通常、フチ捻を熱するのはアルコールランプなどを使用して行いますが、今回は安全度の高いターボライターを使ったやり方をご紹介します。

 

フチ捻は火で熱して使用するので、下敷きとして溶けないガラス板を使います。

うさぎ三世
カッター板とかだと溶けちゃうんだよね。

 

スポンジは、革を成形しやすいよう、革を湿らせるために使います。

絶対に必要なわけではなく、濡らしたタオルなどでも代用できます

 

フチ捻の代用品として、『ネジ捻』という道具でも捻引きをすることができます。

少し違いはありますが、フチ捻の特徴と一緒に以下の記事で紹介していますのでご参考ください。


フチ捻の持ち方・使い方

フチ捻の持ち方は、親指は、捻引きの時に上から力が掛けられるように持ちます。

それ以外の4本の指は柄を持って安定させます。

フチ捻の持ち方
うさぎ三世
基本は革包丁と同じような持ち方だね!

 

フチ捻は、コバに沿って革に捻引きを施すために使います。

下の写真のように構えて、フチ捻を革に押し当てながら矢印の方向に引いていきます

捻引きのやり方

 

捻引きとは?

コバに沿って、革に溝を入れつつコバを引き締める作業

捻引き用の道具は熱して、革に熱を加えながら行う。

うさぎ三世
もっと詳しく使い方を見ていこう!

フチ捻 使い方(ライターを使うやり方)

今回は、私がいつもやっている捻引きの手順をご紹介します。

うさぎ三世
4ステップでとっても簡単♪

step
1
革を水で湿らせる

まずは、コバ付近を軽く水で湿らせます。写真では右側のコバを湿らせています。

スポンジを使って革を水で湿らせる

革に水を少しだけ含ませてあげることで、革が柔らかくなり成形しやすくなります。

また、捻引きの後に革が乾くことで、溝の形を維持してくれます。(革の可塑性を活かす)

ココがポイント

ヌメ革などの銀面が固い革の場合、時間が経つと元の形に戻ろうとします

水で濡らすことで成形性が良くなり、形(溝)を維持できます。


step
2
フチ捻で軽くガイドラインを引く

捻引きは失敗すると後戻りできないので、ガイドラインを引くことが重要です。

写真のようにフチ捻をコバに沿って引いていきますが、この時、力はほとんどいりません

捻引きのガイドラインを引く

 

ガイドラインが曲がらないことだけに注意しながら引いていきましょう。

写真のように、軽く跡がついてればOKです。

捻引きのガイドライン完成

ココに注意

気を抜くと線が曲がってしまう。

特に、始点と終点は曲がりやすいので注意すること!

 

うさぎ三世
捻は、一度入ってしまうと消えないから要注意だね!

step
3
フチ捻を熱する

私の場合は、安全を考えてターボライターでフチ捻の先端を熱していきます。

熱する時間は、10秒くらいを目安に行います。

ターボライターでフチ捻を熱する

ココに注意

熱し過ぎると、フチ捻が熱くなりすぎて、革がコゲてしまうので注意!

うさぎ三世
コゲるのはイヤ!

 

使用するフチ捻やライター、気温、環境などにより、熱するのに適切な秒数が多少変わります

ただ、熱した後は当然熱いので、触って確かめることもできません。

大体10秒間で問題ないと思いますが、何度か試してちょうど良い加熱時間を探ってみましょう。

 

参考までに、私が使っているフチ捻をご紹介しておきます。


step
4
フチ捻で捻引きをする

熱したフチ捻を、ガイドラインに沿って捻引きしていきます。

熱したフチ捻で捻引き

 

終点までしっかり捻引きをして・・・

終点をしっかり捻引き

 

完成です!

捻引き 完成

コバに沿って、溝が綺麗に入ったのがわかると思います。

もし均等に溝が入らなかった場合は、2~3回繰り返し捻引きを行いましょう。

ココがポイント

最初から力いっぱい捻引きすると、失敗のリスクが高い

軽めに2~3回やった方が失敗せずに綺麗に引ける

うさぎ三世
慣れてきたら1回で綺麗に捻引きできるようになるよ!

火の用心 ライターは安全度が高い 

捻引きは、火を使う作業なので充分に注意して行いましょう。

 

フチ捻の加熱は、一般的にアルコールランプを使って行います。

にも関わらず、私がライターを使用しているのは事故のリスクを減らすためです。

事故のリスク

  • 髪に燃え移るリスク
  • 火事が起きるリスク

髪が長い人の場合は、髪に火がついてしまう可能性もあるので注意しましょう。

私の家もそうですが、小さいお子様がいる場合も、火を使うのに不安を感じると思います。


アルコールランプの危険性

アルコールランプは、火が点いた状態で机に置いたままに出来てしまいます

本来は、使い終わったら1回1回火を消すものですが、消し忘れでこんなリスクが考えられます。

うっかりミスの例

  • 気が付いたら髪やモノに火が点いていた
  • 火が点いたまま作業台から落としてしまった

作業に集中していますから、『うっかりミス』も考えられますよね。


ライターの利点と使用時の注意点

ライターであれば手を離したら火は消えます

そのため、アルコールランプのよう火を点けっぱなしにする心配はありませんね。

 

ただ、ライターなら危険が全く無いかと言えばそうではありません。

私はいつも、以下の事に気を付けて使っています。

ライター使用時の注意点

  • ライターが溶解しないように、1回で熱する時間は極力短くする。
  • ライターが冷め切らない前に、連続して着火しないようにする。
  • フチ捻の熱した部分に指が近くなるので、触らないように気を付ける。

これらに気を付ければ、危険もなく捻引きすることができます。

うさぎ三世
安全・安心な体制で捻引きしよう!

ターボライターを使用する理由

うさぎ三世
ところでさ、普通のライターじゃダメなの??

 

実はターボライターではなく普通のライターでやると、フチ捻にススがついてしまうのです。

そのススがあると、捻引きの時に革に付着してしまい、黒く汚れてしまうんです。

 

コンビニで売っている一般的なライターは、点火すると赤い火が点きますよね?

なぜ赤い火になるかというと、火が酸素不足の状態になっているからです。

ココがポイント

火が酸素不足になると、ススが発生する

赤い火が出るライターを使っての捻引きは控えよう!

 

反対にターボライターは、青い火が点きます。

火が酸素不足にならず、ススも発生しませんので、革を汚さずに捻引きできるのです。

 

うさぎ三世
なるほどね!それじゃ、アルコールランプの場合はどうなの!?

 

アルコールランプは赤い火も点きますが、そもそも燃料に違いがありススが出ないようです。

 

アルコールランプを使用する場合、ライターと温度が異なります。

熱する時間が少し変わるかもしれませんのでご注意ください。


【まとめ】捻引きのメリット

中級者イメージの強い捻引きですが、思ったより簡単そうに感じられたのではないでしょうか。

また、ターボライターでも問題なく捻引きできることが確認できましたよね。

アルコールランプを敬遠していた人も、ぜひ試してみてください。

捻引きのメリット

  • コバが引き締まる
  • コバを丸める効果も
  • 革に溝ができ、見栄えUP

 

このように、フチ捻で捻引きをすると、ワンランク上の作品を作ることができます。

もう少しフチ捻について知りたい方は、以下の記事で詳しくご紹介していますのでご参考ください。

うさぎ三世
これを機に挑戦してみよう!

関連記事

 

スポンサーリンク

-道具の使い方・技術
-, ,